【35歳まで独身】長い間待った甲斐があった。。

35歳まで独身だった私は、まさに「婚活」をして結婚しました。
本当は友達の紹介や職場での出会いから始まるような恋愛に憧れていたのですが、人見知りの私は複数になると話せなくなるし、周りにいる女性と比べて見た目も性格も負けてしまっているような気がして自信がなかったので、二人きりで会えるネットを利用しました。最初は出会い系サイトを利用していましたが、やはり真面目に相手を探している人は少なく、遊び目的だったり、運よく付き合えたとしても長続きすることがなく、しばらくしてやめてしまいました。そうしているうちに、年齢も30歳近くなってきて本格的に結婚相手を探さなくては!と焦るようになった私は、少し抵抗のあった婚活サイトに登録してみました。今になって思えば出会い系サイトなんかよりずっと良心的な出会いのはずなのに、当時の私は「婚活サイト=お見合い」のようなイメージがあり、堅苦しい人が登録しているんじゃないかと勝手に思っていました。実際に利用してみると、確かに堅い職業だったり学歴の高い人もいて、高卒のフリーターだった私には釣り合わないと感じましたが、意外にも私のプロフィールを見て申し込みメールをしてくれる男性が多くてびっくりしました。今まで勝手に「大卒の男性とは話が合うわけがない」と思い込んでいましたが、いざ話してみると大人しくて真面目な性格の私には、大卒の真面目な男性もフィーリングが合いました。
婚活サイトでは二人の方と出会い、最初に知り合った人とは一年くらい付き合いましたが、贅沢な話ですがイマイチときめきが感じられなくて別れてしまいました。優しい人ではあったのですが、ネットからの出会いということもあり、結婚したいほど好きだと思えなかったのです。そんな贅沢を言えるような年齢ではないとわかってはいましたが、相手の男性の実家は事業をしていて家族ぐるみで仕事をしているうえ、絶対同居という条件だったので、いざ結婚となったら踏み切ることができずにお断りしてしまいました。
それから数年後に出会ったのが今の夫です。夫とも婚活サイトで知り合いました。夫は40代のわりにイケメンな高学歴で私にはもったいないぐらいの人ですが、お互いに惹かれあい付き合って一年で結婚しました。結婚の決め手は、やはり本当に好きだったからだと思います。それと、運よく夫が転勤で実家から離れて暮らしていたので、しばらくは同居からも逃れるということも大きなポイントでした。とはいっても、いずれは同居が待っているので気は重いですが…。
あまり選び過ぎてもどんどん婚期を逃してしまうと思いますが、やはり結婚するなら本当に好きな人と結婚したほうが幸せだと思います。好きな人なら少しくらい嫌なことがあっても耐えられますからね。私は晩婚になってしまいましたが、ここまで待って良かったと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ